どの宗教も膝が痛いのは同じ?AmazonのCMは宗教の壁を超えたストーリーを映し出す

AmazonのあるCMが世界的にSNSなどで話題になっている。

Amazonで注文した「ライオンのたてがみ」をつけた愛犬と赤ちゃんが触れ合うCMで、感動的なストーリーを演出したAmazonは、今度は宗教の壁を超えたストーリー展開のCMにチャレンジしている。

CMは、キリスト教の司祭とイスラム教の指導者(イマーム)が司祭の家でお茶をしているシーンで始まる。
イマームと司祭は、ソファーから立ち上がる瞬間、お互い膝を痛めていることに気づく。そしてその日のうちに、Amazonプライムを使って、お互いにプレゼントをするのだが、偶然にも同じ膝のサポーターをプレゼントしていたのだ。
司祭は教会で、イマームはモスクで、プレゼントされたサポーターをつけて、ひざまずき、お祈りをするシーンでCMは終わる。

未だに宗教間対立が収まらない時代において、一つのプレゼントが親交のきっかけとなり、やがては世界平和に繋がるのではないか、、、とまでの印象と感動を与えるAmazonのCM。