レバノンへのアートを通じたドネーションについてのお知らせ

レバノンは8月4日に起きた大規模な爆発事故を受け、それまでの経済危機に拍車がかかり国民は大変な状況に立たされています。

アートを通じて何ができるのか??

レバノン出身のアーティストRania Matarは現在、レバノンで制作した作品を売上金を全てレバノン支援に寄付する運動を行なっています。
売上金は戦後レバノンの支援活動を行なっている非営利団体Seal USAを介してレバノンに届きます。

購入できる作品はSHEというタイトルのシリーズ作品の一枚です。
2019年にレバノンの廃墟で撮影されたこの作品。
混乱の最中のレバノンで10代後半から20代前半の女性たちに焦点を当てています。

枚数に限りがありますがこちらのサイトから購入することができます。